読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーワーママスタイル

40代ワーママの日常と興味ある事を綴ります。

昼休みにジムで筋トレ→12キロ減!⑴

お題「続けている運動」

 

女性専用ジム「カーブス」で筋トレ➕食事コントロールして、12キロ痩せました!

 

出産して、体重が全然戻らず、何となく食べる量を減らしたつもりでいたり、代謝を上げるというサプリを飲んでみたり、自転車通勤してみたり…。と「何となく」の試みはありましたが、産後四年近く体重は増えたままでした。妊娠前の服はチュニックしか入らず、普通サイズのショップの服は入らないので買い物に行かなくなり、通販で大きいサイズを探し始めて…💦

 

そんな中、今の会社に転職したのが、産後2年目。

全然減らない体重にウンザリし、子供が成人するまでは健康でいなければと言う使命感と、服を買いに行っても入る服がないという現実に危機感を覚え、昼休みに会社近くのカーブスで運動しようと決意。

 

ランチをゆっくり出来なくなるのはかなりの痛手だと思いましたが、他に継続的に運動する暇が見つけられないし、週末だけでは少ないし、子供が小学生になった時、太って老け込んだ親が参観日に来ていたら子供がかわいそう!と一念発起。

 

カーブスでは十数種類の筋トレマシンが円形状に並べられ、マシン一台一台の間にステップボードが置かれています。

筋トレ30秒、ステップボードで足踏みなどの有酸素運動30秒、また隣のマシンで30秒…と繰り返し、二周で筋トレ完了。その後ストレッチスペースでストレッチ。以上で約30分。

会社からの往復計10分、着替えなどを含めると、昼休みの1時間でぴったり収まります。

サーキットトレーニングなら、全員が同じペースでマシンを順番に交代するので、普通のスポーツジムのように、誰かが一つのマシンを長く占領する事もなく、待ち時間もなく、とても効率的。そして全てのマシンを偏りなく使用する為、全身の筋トレが満遍なく出来るのです。

ここが私のお気に入りポイント。

限られた時間の中で、無駄がないというのは大きいです!

 

ランチはオフィスに戻って、デスクで仕事しながらおにぎりをかじり、カップ味噌汁を。

そういう事が許される雰囲気のオフィスなので…。本来は、ランチはしっかりゆっくり食べたい派ですが、ここは私の最大の妥協点。

ワーママの時短術?苦肉の策です。

 

カーブスは、女性専用のサーキットトレーニングを行えるマシンジムで、スタジオプログラムなどはありません。

主に中高年の女性をターゲットとしており、「健康体操教室」とうたっています。ダイエットはもちろん、メタボ予防、腰痛改善、寝たきり防止など、幾つになっても女性が健康で美しく生き生き出来る為のサポートを筋トレを通して推進している所です。

特に昼休みの時間帯だと、専業主婦の方が多く、同世代から60代、70代の方も多いです。

アフターファイブだと、働く女性の割合は多いのではないかと思います。(仕事の後に行った事はないので想像です)

 

月々の料金も、一般的なスポーツジムより良心的。一カ月何度行っても約7000円。シャワーもないし、着替えは洋服店の試着室のようなカーテンで仕切るだけ、ロッカーとジムは同じ一部屋にあり、こじんまりしたスペースである分、経費に無駄がありません。

 

常駐スタッフは2-3人の女性。

マシンの使い方やダイエットの悩みなど、気軽にいつでも相談出来る雰囲気です。

 

あまり外に出ない年配の方なども、ここでお友達が出来て楽しく通っている様子の方も多く見かけます。

 

たった30分の筋トレでも、週に2から3回通うと、筋肉も徐々に付き、肩こりや小さな不調も改善されましたが、体重は微妙に減量か維持というラインが長く続きました。

(一年半くらい?)

それでも、楽しいし、体も気持ち良いので、気長に続けるつもりで通っていたある日、「カーブスの食卓」チャレンジ募集のポスターを発見。

 

「カーブスの食卓」とは、カーブスが監修したレシピ集を購入し、その通りの食生活を行い、カーブスに週二、三回通い、毎日30分以上ウオーキングして健康的に痩せるというダイエットプログラム。

 

筋肉を付ける為タンパク質をしっかり取り、代謝が良い身体作りをするタイプのプログラムです。

 

これが、私の人生を変えてくれたのです!

(続く)